久しぶりに川口の白い家に伺いました。
約5年ぶりの訪問となりますが、お元気そうなご家族に安心しつつも、建築の経年変化や、周囲の環境の変化も気になるところです。

というわけで、Google のストリート・ビューでは確認できない裏庭に。

裏庭の大谷石

少々濡れていますが、大谷石はとても良い味が出ています。
冬場の凍結などによる割れも心配だったのですが、全く問題ない状態。
決して安くはありませんが、妥協せず良質な商品を選定して良かった。

 

裏庭の手水鉢

今では小さなお子さんの遊び場(砂場?)になっているとの事で少々手入れが難しいようですが、子育てに貢献できると思えば大した問題ではありません!笑

綺麗に整えるのはもう少し先ですね。

 

裏庭から見える建売住宅

一つ残念だったのは裏庭側にあった植木屋さんの圃場が無くなり、建売住宅が建ってしまった事です。
ご商売用の樹木でしたが、緑豊かでとても眺望が良いかっただけに残念です。こんなすぐに宅地に変わってしまうとは思いませんでした。(廃業されたのかな?)
後に建ったこの建売住宅は、こちらの裏庭や窓に向かい合うように居室の窓を設けてしまった為、全ての家がカーテンやシャッターを開けられないという結果に。。。

窓の配置はプライバシーを守る上でとても重要なので、設計者としては理解できません。
今では施主も慣れてしまったようなので、それはそれで良かったのですが。。。汗