LINEで送る
Pocket

木造建築で陸屋根を採用する際、漏水やルーフドレインのゴミ詰まりには細心の注意をはらいます。

敷地の状況に応じて、ドレインがすぐに詰まる前提で防水納まりを考えたり、数年後のメンテナンス時期までは支障が無いであろうと考えたり。

“印旛のスタジオ”と名付けられたこの建築は、周辺の環境も踏まえて四方をパラペットで囲う陸屋根で計画しました。

inba_20120718_1

竣工から3年経過し、良いタイミングなのでルーフドレイン廻りの確認を建設会社に依頼しました。

屋上全景

inba_20120718_2

ルーフドレイン

inba_20120718_3

カバーを外した状態

inba_20120718_4

少々ホコリがかぶっている程度で、とても綺麗な状態です。1番心配だった木の葉が一つも無く、防水も全く問題ありません。

建築は自然を相手にするデザインなので絶対という言葉はありませんが、しっかりとした施工とフットワークの良いメンテナンス対応をしてくださる建設会社の方々にはとても感謝しています。

 

Related Posts