工事も順調に進み、指定確認検査機関による完了検査が行われました。

完了検査前のゆめみ野の家外観

昼一の13:00からという事で、検査の邪魔にならないよう監督さんが残材を運び出してくれています。

検査に関しては工事監理、施工管理共に抜かりなく進めてきましたので全く心配はありません。当然、指摘事項は無く、すんなり終わりました。
ただ、今回検査に来た検査員の立ち振舞いにおいては非常に心証が悪く憤りを感じています。
約束時間より30分以上も早い現場が昼休みの時間に来場し、私服姿で社名や身分も名乗ることなく無断で建物に入って来ました。
慌てて現場監督と共に駆けつけたのですが、態度があまりにも横柄で検査員と分からなかったため、近所の少々アレなおじいちゃんがクレームを言いにきたのかと思ったのですが、諸々の言動から「確認○ービスですか?」と尋ねたところ完了検査の検査員と判明。最後まで名乗る事はありませんでした。

その後の詳細は割愛しますが、社会人として理解に苦しむ立ち振る舞いとセクハラ行為にまで及んだため、それなりの対処を考えています。とりあえず今はお施主様には気持ち良くお引き渡しがしたいので、竣工まで事を荒立てるのは我慢。

どのような立場であれ、人として最低限の礼節はあってしかるべきだと思います。

 

追記:後日同社の本社に報告し、東京支社より謝罪を受けました。現在、コンプライアンスを徹底されているとの事ですが、先方の回答からはあまり危機感は感じられません。