LINEで送る
Pocket

「建築家 坂倉準三展」 を観てきました。

建築を学んだ方はご存知と思いますが、前川國男、吉阪隆正と共にル・コルビュジエに師事した日本モダニズムの巨匠です。

場所は神奈川県立近代美術館の鎌倉館。この建築も坂倉先生の設計によるものです。

inba_20090629_1

今回の企画展で特に私が一番感動したのは設計図でした。

この時代の実施図はどのような物かと隅々まで拝見しましたが、驚くのは詳細図の密度。また図面に描かれている検討の痕跡も凄かった。手書きの時代にこんな隅々まで設計しているのかと。

私もディティールにはかなり拘っている自負がありましたが、坂倉先生の図面を拝見して更に気合が入りました。建築が大規模になるとディティールが大味になりがちですが、妥協せず頑張りたいと思います。

ちなみに、近くにある鎌倉別館も坂倉先生の設計によるものです。

inba_20090629_2

それらしくて何となく分かりますよね。

 

Related Posts