LINEで送る
Pocket

耐圧盤(底盤)という基礎床面のコンクリート打設です。
まずはコンクリートの受入検査から。

事前に提出してもらった配合計画書をもとに、スランプ、空気量、塩化物含有量、強度など基準値におさまっているか確認します。

そしてコンクリート打設。

天候に恵まれ職人さんの手際も良く、順調に作業が進みました。

ポンプ屋さんと共に2人でコンクリートを流し込みながら

1人がスラブ天端を慣らしていきます。

最後にコンクリートの余りを出さないようにを数量調整。

 

そしてその四日後、型枠を組んで基礎立上りのコンクリート打設。

基礎の段階から普通の木造住宅には無い細工があるので職人さんも悩んだとの事です。

何だかんだで無事完了。

まだ小さな課題は残りますが、少しづつクリアしていきたいと思います。

Related Posts