LINEで送る
Pocket

引き渡しから2ヶ月ほど経つ取手市I邸。梅雨も開け、追加で依頼された 植栽工事 のスタートです。

とても楽しみだったので、 の気合を入れて早朝現場に向かうと、、、

雑草が生えた庭

一瞬目を疑いましたが、雑草が酷くて空き家のような荒れ方です。

この様子だと入居後何も手入れされていないかもしれません。打合せに集まった現場監督や外構工事の番頭さんもさすがに閉口。

残念な思いはさておき、ここまで荒れていると整地作業ができないので、時間の許す範囲で大きな草をむしりつつ整地していただきました。いつも真面目に仕事をしてくれる外構屋さんなので本当に申し訳ない。

トラックにて芝生の搬入

そうこうしているうちに芝生が到着。ホームセンターの在庫物と違い、刈り取ったばかりの新鮮な芝生です。

樹木の積み下ろし作業

こちらは樹木の搬入。梅雨の時期で天候がよめないので、当日の朝、外構屋さんに想定している樹種とサイズの確認をして急いで購入してきました。目星をつけていた樹木が売れていなくてホッと一安心。

樹木の間配り

まずは間配り。おおよその位置に樹木を配置していきます。北側のこちらは常緑ヤマボウシ。一番奥まった場所なので、手入れが少しでも楽になるよう常緑樹の株立を選定しました。

樹木の間配り

そして枝振りや樹木の伸びそうな方向を見極めながら向きと配置を整えます。室内からも確認できれば一番良いのですが、施主が留守ということでイメージしながら最終決定。

アオハダの株立ちの植え込み作業

穴を掘り根巻きされた根っこを落とし込みます。もちろん水もたっぷりと。ちなみに南面のこちらはアオハダを選定。色味が綺麗で冬場に光も入るよう落葉樹の株立にしました。

ヤマボウシの植え込み完了

木がしっかりと根付くまでは毎日の水やりが必要です。最初の一年は特に重要。夏場は早朝と夕方以降の涼しい時間帯に2回できれば理想ですね。これからの猛暑は根っこにかなり負担が掛かります。

芝生敷き作業直後

整地が終わった裏手から芝生を張り始めました。

芝桜の間配り完了

道路面はダニエルクッションという芝桜を植えていきます。ポット苗なので植えた直後は寂しいボリュームですが、芝生同様徐々に密になっていきます。

RELATED POSTS