LINEで送る
Pocket

上棟から着々と進行している取手市I邸です。土台や柱が緑色になっているところを見ると、 防蟻処理 が施されたようです。

防蟻処理が施された土台と柱

こちらがその防蟻処理。外壁材を張る前に土台・柱とも隈無く塗装を施します。

防蟻処理が施された大引と柱

そして断熱材の充填。断熱計画は基礎断熱工法を採用しているため、基礎の立上りと床面の折り返し共に隙間なく施行。ジョイント部に隙間が生じてしまう場合はスプレータイプの断熱材で対応していただいており、設計者としても安心できる施行をしてもらえています。

一時的な仮筋交い

筋交いや柱梁に構造金物の取付けが完了すれば、仮筋交いも外れて作業がしやすくなります。

施工途中の構造用耐力面材

外壁やサッシが入るまで寒さが厳しいですが、頑張って施工していただいてとてもありがたい現場です。