LINEで送る
Pocket

着々と進行している取手市I邸です。

まずは防蟻処理。外壁材が張られる前に、土台・柱共隈無く塗装を施します。

そして断熱材の充填。断熱は基礎断熱工法を採用しているため、基礎の立上りと床面の折り返し共に隙間なく施行。ジョイント等で隙間が生じてしまう場所などスプレー断熱で対応していただけているので、設計者としても安心できる施行をしてもらえています。

筋交いや柱梁に取付ける金物の取付が完了すれば、仮筋交いも外れ作業もしやすくなります。

外壁やサッシが取付けられるまで寒さが厳しい季節ですが、現場の監督さんはじめ職人さんも頑張って施工していただいており、とてもありがたい現場です。

 

Related Posts