LINEで送る
Pocket

イベント事は全て天候に恵まれるありがたい現場。年内上棟という事で、いよいよ棟上げ作業です。

木造住宅もレッカー作業はダイナミックでテンション上がりますよね。

この住宅、パッと見では分かりませんが軸組がとても複雑です。通り芯と梁のレベルが増えすぎて、設計が進むにつれ変な汗が出てきました。

平屋でも手間が掛るので、大工さんの作業も思ったように進みません。

更地で感じる奥行きとは全く違います。

建築は思った通りのサイズ感なのですが、実際に形になると迫力を感じますよね。棟上げ作業も1日がかりで無事完了。

 

後日、施主、設計事務所、建設会社にて建物のお清め。

工事の安全を祈念すると共に、良い建築になりますよう願いを込めて。

 

 

Related Posts