LINEで送る
Pocket

外壁のラスモルタル塗りが順調に進んでいます。左官の塗り後を見る限り、当物件の左官屋さんはとても腕が良い職人さんのようです。

前回から引き続き上塗り作業とともに、表面にはクラックを防ぐためグラスファイバーネットが伏せ込まれています。下の写真ではコーナー出隅より右側がグラスファイバーネットを施された状態です。

室内は引戸の吊りレールや各種金物が取付けられました。リビングの大窓にガラスが入るまでは内装工事も若干辛抱です。

そしてリビングの天井にはヒノキの縁甲板が張り始められました。仕上りの精度を左右する1枚目が肝心で、納まりや木の反り具合などをカンナで微調整しながら張り込んでいきます。

無垢のフローリングや縁甲板は物によって当たりハズレが多いのですが、今回はなかなか精度の良いものが入っているようです。当物件の大工さんも腕が良いので、今から仕上りが楽しみです。

 

Related Posts