LINEで送る
Pocket

2Fリビングに天井が張られ、徐々に空間のリアリティーが出てきました。

inba_20081209

天井を若干高めに設定し、開口の高さを低めに抑えています。空間のボリュームを豊かに保ちながら伸びやかさも損ないません。完成時は開口の高さが更に100mm程低くなります。それによって開口がより伸びやかになるでしょう。

部屋の面積と天井高の関係、建築のボリュームに適した建築高。材料の無駄を少なくする建材モデュールによる割付。色々な要因で寸法を決めます。

また、塗装の色やテクスチャーでも空間の感じ方は変わります。限られた予算の中で出来る事は考え方次第で無限大。

それをデザインと言いますが、納得いくストーリーを描けた瞬間はとても快感です。

 

RELATED POSTS