LINEで送る
Pocket

防音室 (スタジオ)の壁天井の仕上げは想定外の塗装仕上げです。
設計当初はフレキシブルボード素地仕上げだったのですが、勢い余って施工してしまったらしく急遽変更しました。

防音室塗装下地のパテ処理

塗装下地を確認しましたがとても丹念にパテ処理されています。ボードの継ぎ目はクラックが入りやすいですからね。
塗装屋さんと綿密に話し合いながら施工しており、パテの面積の方が多いのでは?と、思うくらいです。

良い建築は、そんな気遣いのある施工者さん達の手で造られます。

RELATED POSTS