LINEで送る
Pocket

世の中の流れでしょうか、今年に入ってからリフォームやコンバージョンのお問い合わせの割合が増えてきました。

新築とは違った面白みもあり、とてもやりがいがあります。

また、みなさんご存知と思いますが、ある番組の影響も少なくないのでしょうね。長年に渡り根強い人気で、打合せでは間違いなく“匠(たくみ)”の話が出てきます(笑)。

10年以上前ですが私も一時期見ていた事があり、何となく番組の内容は理解しているのですが、この“匠”がなかなかの曲者です。番組自体は面白いのですが、未だに設計者に対する誤解が多いようです。

よく聞く誤解をあげると、設計監理者(匠?w)が現場でいきなり職人の道具を使い、おぼつかない手つきで現場作業をすることはありません(笑)。(設計施工で請け負う場合は別です)

専門の職人の方が絶対上手いし、設計監理者に現場で怪我されたら目も当てられません。尚且つ責任施工なんて言われては現場がいい迷惑です。

また、匠が何かを加工するためだけに、わざわざ北海道などの遠方に出掛けたりする事があるらしいのですが、よほどの事がないかぎりそのような出張はありませんので、そのための出張経費は心配ありません。まして、飛行機はエコノミーでも良いかどうかの心配など無用です。(テレビの影響力って恐ろしい)

あと、からくり時計のような“凄いアイディア収納”を切望される事が多いのですが、これはどうしてもというならやります(笑)。

ただ、出来ればやらないほうが良いです。収納に関するアイディアは色々と提案しますが、収納するのが面倒くさくなってしまう様な動く収納は、壊れるリスクが大きくなるだけなので積極的には提案しません。

と、こんな事ばかり書いていると夢が無くなってしまいますので、このくらいに。。。

ここまで言っておいてなんですが、最初の段階では色々と夢をお聞かせ下さい。テレビ番組よりも、対話の中から思いがけないアイディアが出来たりするものです。