LINEで送る
Pocket

お引渡しから半年が過ぎた取手市I邸。その後も追加工事等でお世話になっていますが、6か月の定期点検の時期が来ました。

今年の猛暑は世界的に異常気象といわれる中、引っ越しによる住環境の変化もあり、お施主様も慌ただしい半年だったと思います。

設計者としては引き渡し後も色々と気になるものですが、定期点検は生の声を聞ける良い機会でもあるため、工務店の監督さんや大工さんに同行し検査に伺ってきました。

外部は仕上げや構造的な不具合は無く、基礎のモルタル部に小さなヘアクラックが1箇所あったので後日補修。外壁は自浄作用がある高性能の塗料を採用しているのでよても綺麗です。庭の芝生も良好で、ご主人も手入れを頑張って頂いているようです。

 

内部は建具の調整や汚れ落とし等その場で対応できる作業を行い、塗装や特殊な工具が必要な作業は日程調整をして後日伺うことになりました。

また、お施主様にもヒアリングを行い何か問題があれば対応を検討するのですが、実際にお話を伺うと過去の経験において全く想像をし得なかった現象があったり、逆に設計時に心配していた事が全く問題なかったり。

設計や施工では解決できない事もありますが、今後の対応や検討をする上でとても貴重な情報です。

 

ちなみに建物の不具合で一番こわいのは漏水ですが、大きなトップライトがあるうえに台風が多かった今年でも全く問題が無くて安心しました。

この建築で良い新年が迎えられるよう、引き続き対応したいと思います。

 

Related Posts