LINEで送る
Pocket

外壁に構造用耐力面材と透湿防水シートが張られ、建物のプロポーションがハッキリしてきました。

新たに張られた構造用耐力面材にも防蟻処理を施し、断熱材が充填されていきます。

土台と基礎天端の間も隙間が無いよう断熱材を充填。

そして本日は構造事務所と共に構造検査になります。

指摘事項としては火打ちの向きが1箇所だけ間違っていましたが、その他は問題なく施工されているのを確認。

構造検査が終わるとともに瑕疵担保責任保険のJIO(日本住宅保証検査機構)の検査です。

現場の進行も順調で、開口面をブルーシートで塞ぎ、防寒対策も完璧のようです(笑)

設計事務所の指示は細かくて職人さんの仕事は早いので、現場の監督さんが大変だと思いますが良い建築にしてもらえそうです。

 

Related Posts