LINEで送る
Pocket

建築の設計において、 窓のデザイン を重要視しています。外部と内部の繋がりや部屋からの眺望、採光や換気等の機能面など役割は様々ですが、それが外観にも美しく反映できればと。

この建築では見せ場の1つに大きなコーナー窓を設けました。

黒いガルバリウム鋼板の外壁

敷地はとても環境の良い住宅地で、区画整理により綺麗に整備されています。現在残っている空き地も既に分譲されてるので、近いうち周りも住宅が建ち並ぶでしょう。これだけ条件が良いと間取りを考えるのは難しくないのですが、逆にこの敷地ならではのデザインが意外と難しいものでした。

黒いガルバリウム鋼板の外壁

この建物は南向きで東面に大きな道路、南東に向けて抜けていく道路の先には公園。そこに全てを集約しようという理由で南東の方角に大きなガラスだけのコーナー窓を設けました。
また特徴の一つとしてアルミサッシは全くありません。採光用のガラス窓と換気用の窓を設けており、各部屋は居室としての性能や基準を十分満たしております。

黒いガルバリウム鋼板の外壁

よく見ると換気用の突出し窓があり、壁の一部がが開くようになっています。

デザインには理由があります。